埃吹く街』(ほこりふくまち、草木社、1948年2月10日)は、日本の歌人近藤芳美の最初の個人歌集。装幀は上野省策。本文182頁、歌数447首。

埃吹く街
著者 近藤芳美
発行日 日本の旗1948年2月10日
発行元 草木社
日本の旗 日本
言語 日本語
コード ISBN 978-4803906899
(短歌新聞社1993年)
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

歌集名「埃吹く街」は、歌集中に収録された一歌篇のタイトル「埃吹く街」から採られたものである。同歌篇のなかには、タイトルのもとになった「日の入りの埃吹かるる橋の上いだかれて立つ表情もなく」「街空は吹ける埃ににごりつつ富籤に寄る少年のむれ」といった歌がある。この歌集には、1945年10月から1947年6月までに制作された作品が収録されている。この制作時期は、後に刊行された『早春歌』の収録歌の制作時期より新しい。しばしば引用される歌に次のようなものがある。

  • いつの間に夜の省線にはられたる軍のガリ版を青年が剥ぐ
  • 世をあげし思想の中にまもり来て今こそ戦争を憎む心よ
  • 水銀の如き光に海見えてレインコートを着る部屋の中
  • 耳のうら接吻すれば匂ひたる少女なりしより過ぎし十年
[脚注の使い方]