執行 重徳(しぎょう しげのり、1952年10月1日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手。右投右打で、ポジションは外野手

執行 重徳
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県飯塚市
生年月日 (1952-10-01) 1952年10月1日(67歳)
身長
体重
179 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1970年 ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

飯塚商業高校では1969年、2年生の時に三塁手、六番打者として夏の甲子園に出場。2回戦で富山北部高に敗れる[1]。同年の秋季九州大会では準々決勝で筑紫中央高に延長12回敗退、翌春の選抜出場を逸する。高校同期には中堅手川村博昭がいる。

1970年のプロ野球ドラフト会議ヤクルトアトムズから6位指名され入団。一軍の試合には出場することなく、1973年限りで引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

  • 一軍公式戦出場なし

背番号編集

  • 54 (1971年 - 1973年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集