堀江 景用(ほりえ かげもち)は、室町時代後期の武将朝倉氏の家臣。

 
堀江景用
時代 室町時代後期
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:七郎
官位 石見
主君 朝倉孝景
氏族 堀江氏
父母 父:堀江景経?
兄弟 景用景利景道景好
景忠
テンプレートを表示

出自編集

堀江氏は、利仁流河合斎藤氏の系統とされる[1]。景用は堀江氏の庶家[2]の出身である。

生涯編集

堀江景経の子とされる。越前国守護斯波義敏守護代甲斐常治が争った長禄合戦において、堀江惣領家(堀江石見家)の堀江利真は斯波方につき、長禄3年(1459年)に甲斐方の朝倉孝景(英林)に討ち取られた。これによって断絶した惣領家を、庶家から景用が継承することとなった。

景用は孝景と共に甲斐方として戦った。以後、朝倉氏の国衆(外様)として活動し、文明6年(1474年)1月18日の杣山合戦で武功を上げたとされる(『朝倉始末記』)。

歌人としての才能もあったと伝えられる。

大蛇の子の伝承編集

『朝倉始末記』によれば、父とする堀江景経は、笛の名手であり、ある夜、笛を吹いていたところ、その笛の音に誘われるように現れた美女と夫婦となった。

その後、その女性が出産間近になって、「産所には近付かないで欲しい」と頼んだが、景経はその約束を破って中を覗くと、中にいた大蛇が覗かれているのを知ってその場から姿を消し、あとには景用が残されていたという伝承がある。

このような由来から、堀江家の家紋は、爾後「蛇の目」になったとされている。

脚注編集

  1. ^ 斎藤実盛の末裔とする異説もある。
  2. ^ 本庄堀江家細呂宜堀江家のいずれか。