堀 親忠(ほり ちかただ)は、信濃飯田藩の第8代藩主。信濃飯田藩堀家9代。

 
堀親忠
時代 江戸時代
生誕 宝暦12年7月15日1762年9月3日
死没 天明4年6月29日1784年8月14日
別名 忠蔵(幼名)
官位 従五位下、山城守、大和守、河内
父母 父:堀親長
兄弟 親忠有馬氏恕親民親寚土岐頼功遠藤胤富正室、秋月種備正室ら
津軽信寧
津軽信寧娘
親民
テンプレートを表示

第7代藩主堀親長の長男。正室は津軽信寧の娘、継室も津軽信寧の娘。幼名・忠蔵。官位は従五位下、山城守、大和守、河内守。

宝暦12年(1762年)、堀親長の嫡男として生まれる。安永8年(1779年)、父の隠居により家督を相続するが、天明4年(1784年)に死去した。男子がなかったため、弟の親民が養子となって跡を継いだ。

系譜編集