堯天 義久(ぎょうてん よしひさ、1921年5月24日 - 2013年1月20日)は、日本建築学者。専門は建築構造学。第8代神戸大学学長、第3代大学入試センター所長を務めた。

来歴編集

香川県出身。1944年に東京工業大学建築学科を卒業し[1]、同年9月に神戸高等工業学校(のちの神戸大学大学院工学研究科・工学部)に着任する[2]

1981年から1985年まで神戸大学学長を務めた[3]

1985年から1988年まで大学入試センター所長を務める[4]

1995年には、阪神・淡路大震災に見舞われた神戸市の復興計画審議会会長となる[5][6]

2013年1月20日、老衰により死去[6]

賞歴編集

  • 1993年度西宮市民文化賞[7]

脚注編集

  1. ^ 大野隆造「学び・教え・研究の奇跡 (PDF) 」 - 『東工大クロニクル』March 2015 No.504、東京工業大学、p.5(「退職によせて」のコーナー)
  2. ^ 20.学長退任挨拶 1985(昭和60)年2月15日 学長退任、退官のあいさつ - 神戸大学大学文書資料館(「歴代学長挨拶・式辞等」)
  3. ^ 「第8代 堯天 義久」 - 神戸大学大学文書資料館(「歴代学長挨拶・式辞等」)
  4. ^ 「大学入試センターのあゆみ」 - 大学入試センター
  5. ^ 新野幸次郎検証テーマ『復興計画-計画等の策定・推進 (PDF)兵庫県復興10年総括検証・提言報告』、2005年。p.158を参照)
  6. ^ a b “(おくやみ)堯天義久氏が死去 元神戸大学長”. 日本経済新聞. (2013年1月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2103V_R20C13A1000000/ 2020年3月7日閲覧。 
  7. ^ 西宮市民文化賞受賞者一覧表 (PDF) - 西宮市
先代:
小坂淳夫
大学入試センター所長
第3代:1985年 - 1988年
次代:
有江幹男