場所的論理と呼応の原理

日本の哲学者である高山岩男が著した哲学書

場所的論理と呼応の原理』(ばしょてきりろんとこおうのげんり)は、日本哲学者である高山岩男が著した哲学書。1951年刊行。「呼応の理論」や「呼応の原理」とも云われる。

場所的論理と呼応の原理
著者 高山岩男
発行日 1951年
発行元 弘文堂
ジャンル 哲学
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 並製本
ページ数 210
コード 全国書誌番号:51002144
Portal.svg ウィキポータル 哲学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

特徴編集

京都学派四天王と呼ばれる哲学者高山岩男が高山哲学の根本原理を確立したとされる。1951年に弘文堂より刊行。1976年創文社により改訂再刊。 1951年3月に師である田邊元に刊行した書籍を送ったところ、田邊元は早速これを読み返礼の『田邊書簡』にて批判した(呼応の原理は宗教の超越性について説明できない点等への批判。一部分では田邊元の「種の論理」と高山岩男の「呼応の理論」は一致した。)とされている[1]

構成編集

書誌情報編集

  • 『場所的論理と呼応の原理』,弘文堂,1951年
  • 『場所的理論と呼応の原理』,創文社,1976年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 花澤秀文「田邊元の高山岩男批判〜場所的理論と呼応の原理に関する田邊書簡をめぐって〜」『岡山大学大学院文化科学研究科紀要』第15号、2003年、 43-71頁、 NAID 40005765686

関連項目編集

外部リンク編集