増永 静人(ますなが しずと、1925年(大正14年)6月 - 1981年(昭和56年)7月7日) は、日本の指圧師。広島県呉市生まれ。

1945年(昭和20年)第三高等学校卒業。1949年(昭和24年)京都大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業。1959年(昭和34年)、浪越徳治郎の設立した日本指圧学校(現在の日本指圧専門学校)を一期生として卒業、同校にて臨床心理学の講師を務める。1968年(昭和43年)、東京都台東区に指圧研究所「医王会」を設立。東洋医学全体の体系の中で医療としての指圧を追究し「経絡指圧」としてこれを成立させた。また国内のみならず広く海外に於いても独自の経絡指圧を指導、普及につとめた。その著書『指圧』は、大橋渉により英訳されて"Zen Shiatsu"と題され欧米を中心に広まっている。1981年(昭和56年)死去。享年57。

主な著書編集

  • 『指圧療法』 創元社・医学新書(1970年)
  • 『指圧』 医道の日本社(1974年)
  • 『スジとツボの健康法』 潮文社(1975年、新装版2010年)
  • 『ZEN SHIATSU』 日貿出版社(1977年)
  • 『経絡と指圧』 医道の日本社(1983年)

など