夏侯 駿(かこう しゅん、生年不詳 - 299年)は、中国三国時代西晋の武将・政治家。長容。父は夏侯威。弟は夏侯荘。妻は司馬亮の娘。『三国志』魏志「諸夏侯曹伝」注『世語』・『晋書』「傅咸伝」「庾旉伝」「周処伝」などに記述がある。

生涯編集

『世語』によると魏の時代、并州刺史となった。

西晋の武帝司馬炎の時期、豫州大中正となった。夏侯駿は魯国小中正の孔毓を職務怠慢と判断して、孔毓の更迭と曹馥(曹洪の子)の任命を上奏したが、一旬(10日)ほどのちにまた孔毓の再任を上奏した。司徒左長史の傅咸は、小中正の任免は越権行為であるとして夏侯駿の解任を上奏したが、司徒魏舒は夏侯駿と縁戚であったため、傅咸の上奏を聞き入れなかった。傅咸は司馬炎に直訴したが、かえって魏舒によって車騎司馬に左遷された。

後に尚書となった。282年、司馬炎は弟の斉王司馬攸を封国に帰藩させようとした。庾旉・劉暾曹志らは司馬攸の帰藩に反対する上書を行った。激怒した司馬炎は庾旉ら8人を逮捕し、廷尉に送った。廷尉の劉頌は、庾旉らを大不敬の罪状により公開処刑するよう主張した。夏侯駿は処刑に賛同する朱整に「国家は諫言の臣を誅殺しようとしている。官が八座を立てたのは、まさにこの時のためだ」と述べ、一人だけ処刑に反論した。魏舒と下邳王司馬晃(司馬孚の子)らが夏侯駿に同調した結果、議論は紛糾した。7日後に庾旉らの死刑を免じ、官職からの除名をすることで決着した。

恵帝の時期、291年に汝南王司馬亮衛瓘が政務を執ることになった。傅咸は夏侯駿が少府に任命されたことを捉え、またしても「大した功績も無いのに、少府に(司馬亮の)縁戚の長容(夏侯駿の字)を取り立てたのは権力の私物化です」と批判した。しかし、司馬亮は聞き入れなかった。

296年斉万年が反乱を起こした。討伐軍は征西大将軍の梁王司馬肜を大将として、夏侯駿は安西将軍として従軍した。元将の周処は御史中丞として、かつて司馬肜の不正を取り締まったことがあった。外様の周処を嫌う朝廷の人々は、周処を故意に死なせようと、周処に私怨を抱く司馬肜の配下に意図的に従軍させた。中書令陳準は周処では無く、孟観を先鋒に任命するよう主張したが、容れられなかった。果たして、司馬肜とその意を受けた夏侯駿は、周処に5千の兵で7万の敵に単身突撃させ、周処を敵を利用して殺してしまった。

王隠『晋書』によると、後に夏侯駿は、斉万年を斬ったと上言した[1]。しかし実際は、斉万年は改めて出陣を命じられた孟観が生け捕りにした。戦後、夏侯駿は戦功を偽った罪状で誅殺された[2][3]

脚注編集

  1. ^ 昭明文選/卷20 - 潘岳『關中詩』注釈より
  2. ^ 文選 詩篇(一)』 川合康三・富永一登・釜谷武志・和田英信・浅見洋三・緑川英樹訳注 岩波文庫 pp.146-147 訳注参照
  3. ^ 潘岳『關中詩』に「好爵既靡、顯戮亦從」とあるのは、正しく戦功を報告した孟観が高官に取り立てられ、戦功を偽った夏侯駿が処刑されたことを意味する。