多元論

多元主義から転送)

多元論(たげんろん)、または多元主義(たげんしゅぎ、: pluralism)とは、総合的には多様性を容認・肯定するという立場である。 この概念は多岐に亘る分野において様々な意味で用いられる。 政治では、国民の興味関心や信念の多様性を認めることは、近代民主主義の最も重要な特徴である。また科学の世界でこの概念は、複数の方法・仮説・視点が正当又は可能である、という見方を意味することが多い。この姿勢が科学の発展における重大な要素である、と言っても良いかも知れない。また、多元論宗教哲学の分野においても様々な意味で用いられる。

目次

政治における多元論編集

民主的な政治では多元論は異なった関心、信念、および生活様式の平和共存を可能にする指導原則である。全体主義排他主義とは異なり、多元論は利害の多様性を認識し、社会を構成する人々が誠実な交渉に携わることによってその相違点を許容することが必要不可欠である、という見方をする。

多元論を支持する最も早い議論の一つは、 ジェームズ・マディソンザ・フェデラリスト 第10篇に見られる。

新多元論とコーポラティズム編集

政治上の多元論の対義語はコーポラティズムである。

多元論と公益編集

多元論の条件編集

多元論の誤用としては、文化多元主義文化相対主義無政府資本主義ポスト・モダニズムなどが例に挙げられる。

多元論とサブシディアリティ編集

しかしながら、規則及び価値についての必要な一致は、不必要に価値決定の社会内の異なったグループや個人に限るべきではない。権限委譲の原則に従い、一般的な枠組みの中で、規制される必要のないあらゆるものは、従属するグループや最大限の自由を保証するために個人によって決定するために残されるべきである。

最終的な結果において、多元論はこのように社会全体や自身の所属するグループから強制されるのではなく、彼ら自身のための価値真実 を決定するための個人の権利を意味する。

科学界における多元論編集

哲学における多元論編集

哲学において、多元論は思想の自由市場と同様に解釈される。 名目上、多くの異なった学派は、更に高度で理論的な考え方によって導かれることにより互いに影響されることがあった。

以上については二元論非実在論を参照されたい。

法律における多元論編集

関連項目編集

脚注編集

認識論および形而上学では、

政治哲学および倫理学では、