多重行政

多重行政(たじゅうぎょうせい)とは、日本において都道府県市町村区がそれぞれで重複する業務を行っていることである。

概要編集

国、都道府県、市町村区とそれぞれ階層が違う行政府が同様の業務を重複して行うことによって、相互監視することにより、人為的ミスが防げる。コストの面から国の地方出先機関による業務が地方自治体の業務と重複することが問題という側面があり、出先機関を地方に移管させることが提言されている。

また、都道府県並みの権限を持つ政令指定都市が、都道府県と権限が重複できないことついても、問題が指摘されることがある。現在では行政区合併により、重複業務が少なくなったと言われている。

関連項目編集