メインメニューを開く

夜は千の目をもつ』(よるはせんのめをもつ、Night Has a Thousand Eyes)は、コーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ)がジョージ・ホプリー名義で1945年に発表した小説。小説を原作として1948年に同名の映画英語版が製作・公開された。また映画のメインテーマとしてバディ・バーニアー英語版作詞、ジェリー・ブレイニン英語版作曲で、後にジャズのスタンダード曲にもなる『夜は千の目をもつ英語版』(The Night Has a Thousand Eyes)も作られている。

日本ではアイリッシュ名義のほうが有名であるため、日本で出版されている本作の訳書もアイリッシュ名義であることが多い。

表題のフレーズはイギリスの詩人フランシス・ウィリアム・バーディロン英語版1873年に発表した詩『Light』からとられている。

あらすじ編集

若い刑事ショーンは仕事が終わったら家まで星を眺めながら散歩するのが趣味だった。ある夜、ショーンはハドソン川に掛かる橋から身を投げようとしている娘ジーンを助ける。ジーンの父親ハーランは投資で財産を築き富豪となっていたが、「3週間後に父が獅子に殺される」という予言がされたというのだ。

予言された殺人を防ぐために捜査が始まり、ハーラン親子の財産を狙う陰謀、少し先の未来が見える「未来予知者」などが現れてくる。

書誌情報編集

いずれも、ウィリアム・アイリッシュ名義。