メインメニューを開く

大人の事情(おとなのじじょう)とは、何かを説明、釈明しなければならないような状況で、詳らかにすることが憚られるような事情がある場合に、子どもには本当のことを言いにくいような事情があるとして、具体的な説明を避ける場合に用いる表現[1]大人の都合(おとなのつごう)などともいう。

主に制作者の利害、タブー、その他の公にしづらい事柄が発生した場合に、それを簡潔に説明するために利用される俗語スラング)である。[要出典]

初出は定かではないが、特に他社間の利害関係(版権商標が絡む内容)[2]によって名前が出せない場合、宗教などのタブー、不祥事などの事情で理由を公開できない場合、また単に事なかれ主義で(単語のみならず事実上として)使用されることが多く、マスメディア業界でも見受けられる表現である。主に前述のような事柄に対して異を唱える者に対し、黙殺することが目的で使われる場合が多い。[要出典]また、大人の事情の暴露という形でメタフィクション(いわゆる「物語が進んでも登場人物が年をとらない」などのメタ発言)をジョークにすることもある。[要出典]

なお、中国語圏でも「大人的事情」という言葉がある[3]。実際に台湾では同種の言葉が使われている新聞記事[4]も存在する。

脚注編集

関連項目編集