メインメニューを開く

大山綱昌

日本の江戸時代の武士

大山 綱昌(おおやま つなまさ、? - 安政3年10月5日1856年11月2日))は、薩摩藩鹿児島城下士。は綱昌、通称は彦八。佐々木源氏流と称した大山家に養子入りする前は西郷小兵衛と称す。 

目次

人物編集

養父は一代小番まで進んだが、「綱昌は出世の道を捨てて、生涯を砲術研究にゆだねる」という。ただし研究していた砲術の流派や砲術師範になったかは不明。家格は御小姓与。家督は大山彦八成美が継ぐ。

とにかく砲術が好きだったらしく、安政3年の臨終の際、家人に「余の命日には、何等の供物は要しない。唯、墓前に煙硝を焚いて呉れればよい。」と遺言したという。家人は綱昌の墓碑に鉄砲の圖を刻んだという。

年譜編集

  • 薩摩藩鹿児島城下で誕生。
  • 文化11年(1814年)8月28日に、実兄の西郷九郎(のちの西郷吉兵衛)とともに藩主・島津斉興に初御目見。
  • 天保5年(1834年)8月20日:大山綱毅が江戸芝(現在の東京都)の薩摩藩邸で病死。
  • 天保6年(1835年)6月19日:大山綱毅の婿養子となり、諱は綱昌、通称彦八に改め家督相続。
  • 天保13年(1842年)10月10日:次男・岩次郎誕生(後の大山巌)。
  • 嘉永5年(1852年)7月18日:実父・西郷隆充死去。
  • 嘉永5年(1852年)9月27日:実兄・西郷吉兵衛死去。
  • 安政3年(1856年)10月5日:鹿児島城下で死去。

菩提寺曹洞宗松原山南林寺(明治初期に廃仏毀釈で廃寺)。墓所は南林寺墓地。のち大正年間に郡元墓地に改葬。

宅地編集

「鹿児島城下絵図散歩」では、現在の鹿児島市加治屋町4番地の東に大山彦八宅地と宅地の添え地があった。広さは天保13年当時、宅地と添え地あわせて368ほどで、宅地は186坪、添え地は182坪。(現在、宅地は実践会館になり、添え地のほうに大山巌誕生碑あり)。「元帥公爵 大山巌」での、元薩摩藩士で加治屋町出身である埼玉県知事吉田清英の談話で「大山さん(大山彦八家)の家は(加治屋町の下級城下士の)貧乏屋敷の中では少し広いほうだった」といっていた。なお、天保13年の、実家の西郷竜右衛門宅地(現在の加治屋町5番地、西郷隆盛誕生碑あり)は259坪、東郷吉左衛門(東郷平八郎の父)宅地(現在の加治屋町10番地、鹿児島中央高校の敷地内)は267坪(なお、番地は2003年現在)。

家族・親族編集

参考文献編集

  • 尾野実信「元帥公爵 大山巌」 鹿児島県立図書館
  • 宮下満郎「西郷家系図の紹介」(「敬天愛人」第23刷、西郷南州顕彰会著)、鹿児島県立図書館蔵
  • 塩満郁夫、友野春久編『鹿児島城下絵図散歩』高城書房、2004年12月1日初版