メインメニューを開く

大岡 怪童(おおおか かいどう、1901年8月8日 - 1940年代)は、日本の俳優である[1][2]。本名は大岡 菊次郎(おおおか きくじろう)[1][2]

おおおか かいどう
大岡 怪童
本名 大岡 菊次郎 (おおおか きくじろう)
生年月日 (1901-08-08) 1901年8月8日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
職業 俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1927年 - 1940年代
主な作品
万花地獄

目次

人物・経歴編集

1901年(明治34年)8月8日大阪府大阪市に生まれる[1][2]

1927年(昭和2年)、マキノ・プロダクション御室撮影所に入社[1][2]片岡千恵蔵のマキノ第一回出演映画『万花地獄』に関取役で映画デビューを果たす[1][2]1928年(昭和3年)、創立間も無い河合映画製作社に招待され、移籍する[1][2]。以後、巨漢俳優として大山デブ子とコンビを組んで活躍、また対照的な体型の山吹徳二郎とトリオを組んだりもしていた。1933年(昭和8年)、同社が大都映画に移行してからは出演が増加し、1937年(昭和12年)は年間23本の映画に出演している[1][2][3]1940年(昭和15年)までの出演は183本である[3]

戦後は太泉映画で数本の映画に出演していたが、かつての肥大漢も半分くらいに痩せ、間もなく病没したといわれる[1][2]没年不詳

主なフィルモグラフィ編集

マキノプロダクション編集

河合映画編集

  • 『東海道膝栗毛 第一篇 地獄から這上がった弥次喜多』 : 1928年 監督曾根純三
  • 『ぬかるみ小路』 : 1928年 監督松本英一
  • 『新版東海道膝栗毛 第二篇 化かされた弥次喜多』 : 1928年 監督曾根純三
  • 『青春行進曲』 : 1929年 監督高見貞衛
  • 『異説 番町皿屋敷』 : 1929年 監督丘虹二
  • 『蜘蛛の町』 : 1929年 監督森田京三郎
  • 『愛欲絵巻』 : 1929年 監督村越章二郎
  • 『夕立勘五郎』 : 1930年 監督村越章二郎
  • 『蒼白き人々』 : 1930年 監督山口哲平
  • 『侠勇シラノ』 : 監督石山稔
  • 『河合オンパレード キネマの人気者』 : 1931年 監督吉村操
  • 『弱き者よ汝の名は女なり』 : 1931年 監督吉村操
  • たぬきと精神病患者』: 1931年 監督田中重雄
  • 『最後の戦線』 : 1932年 監督服部真砂雄
  • 『あら太いわね』 : 1932年 監督吉村操
  • 『拳闘選手』 : 1933年 監督吉村操

その他多数。

大都映画編集

  • 結婚五十三次』 : 1933年 監督吉村操
  • 浮気はその日の出来心』 : 1933年 監督吉村操
  • 新撰組悲歌』 : 1934年 監督益田晴夫
  • 暁の浚渫船』 : 1934年 監督大江秀夫
  • 『じゃじゃ馬と坊や』 : 1935年 監督吉村操
  • 『大学の流線型』 : 1935年 監督ハヤフサヒデト
  • 『拳闘士と坊や』 : 1935年 監督吉村操
  • 『マネキン大将』 : 1936年 監督中島宝三
  • 『坊やよい子だ』 : 1936年 監督吉村操
  • 『ターザンの冒険』 : 1937年 監督吉村操
  • 『学生街の花形』 : 1937年 監督吉村操
  • 『夫婦戦線異常あり』 : 1938年 監督和田敏三
  • 『争闘阿修羅街』 : 1938年 監督八代毅
  • 『白銀に躍る』 : 1939年 監督和田敏三
  • 『天下の御意見番』 : 1939年 監督大伴麟三
  • 『若旦那太平記』 : 1940年 監督和田敏三
  • 大陸は微笑む』 : 1940年 監督弥刀研二

その他多数。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『日本映画俳優全集 男優篇』キネマ旬報社、1979年、94頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年。
  3. ^ a b 「大岡怪童」、日本映画データベース、2011年8月18日閲覧。

外部リンク編集