メインメニューを開く

大嶌 佐太郎(おおしま さたろう、1897年8月5日 - 1936年6月8日[1])は、小野川部屋出羽海部屋に所属した力士。本名は中辻 佐太郎大阪府堺市出身。173cm、94kg。最高位は西前頭11枚目(ただし番付削除の為、番付上の最高位は東前頭12枚目)

目次

来歴編集

大坂相撲の小野川部屋に入門、途中兵役もあったが、1923年5月に大関に昇進した。しかし、その時に起きた紛擾事件(龍神事件)に関与して一時脱退、その後一度十両格で復帰するも再び脱退し、そのまま東西合併を迎えた。

その後東京の出羽海部屋にうつり、1928年1月十両格付出で東京の初土俵という形で角界に復帰した。1930年5月新入幕するも、春秋園事件に加担し1932年1月脱退(実質的最終場所は1931年10月)した。

脱退後は天竜三郎たちの関西角力協会で現役を続け、櫻錦利一たち後進の指導にもあたったが、現役中に死去した。

成績編集

  • 幕内6場所35勝31敗
  • 通算16場所89勝63敗11休2分
  • 十両優勝1回(1929年9月)

改名編集

なし[2]

出典編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19300504.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709