大日三部経」(だいにちさんぶきょう)は、大日如来に関する三つの密教経典の総称である。「真言三部経」(しんごんさんぶきょう)[1]ともいう。

真言宗東密)では「真言三部経」と呼称されるのに対して、天台宗台密)においては、これらの三経は「台密三部秘経」と呼称される[2]

ただし、真言宗系では、「大日経」「金剛頂経」の二つを「両部大経」として特に重視するため、三部でまとめることはほぼ無い。

概要編集

三部経編集

「大日三部経」(「真言三部経」・「台密三部秘経」)を構成する経典は以下の三つ。

天台宗(台密)は比較的『蘇悉地経』を重視し、真言宗(東密)は逆に『大日経』『金剛頂経』を重視する傾向がある。

三経一論、五部経等編集

また、上記の三経に

を加えて「三経一論」としたり、真言宗(東密)はこれに更に、

を加えて「五部秘経・二論」とし、一方の天台宗(台密)は、

を加えて「五部秘経・一論」とすることもある。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集