メインメニューを開く

『大日本史料』(だいにほんしりょう)は、1901年(明治34年)から現在まで刊行が続けられている日本史の史料集である。六国史(『日本書紀』から『日本三代実録』まで)の後、国史の編纂事業が行われていないため、その欠落部分を埋めるべく編纂が始まった。

平安時代の宇多天皇887年即位)から江戸時代までを対象とし、歴史上の主要な出来事について年代順に項目を立て、典拠となる史料を列挙する。

概要編集

経緯編集

1895年(明治28年)に帝国大学文科大学に史料編纂掛(現・東京大学史料編纂所)が設けられて歴史書の編纂が始まった。当初は正史(通史)を記述する計画であったが、結局史料集を編纂することになった(明治政府の修史事業参照)。

編集方針は、江戸時代に和学講談所(塙保己一が開設)で編纂された「史料」を基礎とした。「史料」は宇多天皇から後一条天皇(1016年-1036年在位)までが対象であった。史料編纂掛では、宇多天皇の887年仁和3年)から1867年慶応3年)を16編に分けて編纂を行い、「史料稿本」(5600冊程の草稿)を作成した。「史料稿本」をもとに校訂作業が行われ、各編ごとに順次刊行を行うことにした。

『大日本史料』は1901年(明治34年)、第六編(南北朝時代)から刊行が始まった(「太平記」が史料の一つとして引用されている)。同年に第十二編(江戸時代)、1902年に第四編(鎌倉時代)の刊行と続いた。100年を超える大事業となり、平均すると年に数冊の刊行ペース、これまでに417冊(2019年11月現在)が刊行されている。

  • 第一編 仁和3(887)年8月 - 寛和2(986)年 宇多天皇以降(六国史の後) 24冊(完結)、他に補遺(既刊4冊)
  • 第ニ編 寛和2(986)6月- 応徳3(1086)年 一条天皇以降(院政の前まで) 既刊32冊(2019年):長元5(1032)年まで
  • 第三編 応徳3(1086)年11月 - 文治元(1185)年 院政開始から平家滅亡まで 既刊29冊(2014年):保安3(1122)年まで
  • 第四編 文治元(1185)年11月 - 承久3(1221)年 源頼朝政権から承久の乱まで 16冊(完結)、他に補遺(既刊1冊)
  • 第五編 承久3(1221)年7月 - 元弘3・正慶2(1333)年 承久の乱以後鎌倉幕府滅亡まで 既刊36冊(2018年):建長3(1251)年まで
  • 第六編 元弘3・正慶2(1333)年5月 - 明徳3(1392)年 南北朝合一まで 既刊50冊(2019年):永和3(1377)年まで
  • 第七編 明徳3(1392)年閏10月 - 文正元(1466)年 南北朝合一以降応仁の乱の前まで 既刊34冊(2019年):應永26(1419)年7月まで
  • 第八編 応仁元(1467)年正月 - 永正5(1508)年 応仁の乱から足利義稙上洛まで 既刊43冊(2018年):延徳2(1490)年まで
  • 第九編 永正5(1508)年6月 - 永禄11(1568)年 義稙上洛以降 既刊28冊(2018年):大永4(1524)年8月まで
  • 第十編 永禄11(1568)年8月 - 天正10(1582)年 織田信長上洛から本能寺の変まで 既刊29冊(2017年):天正3(1575)年まで
  • 第十一編 天正10(1582)年6月 - 慶長8(1603)年 豊臣秀吉政権 既刊28冊(2018年):天正14(1586)年3月まで 他に別巻2冊(天正遣欧使節
  • 第十ニ編 慶長8(1603)年2月 - 慶安4(1651)年 江戸幕府開設以後 既刊61冊(2017年):元和9(1623)年まで 

『大日本史料』として刊行されているのは江戸時代初期の第12編までである。それ以降(第13編-第16編[1])の「史料稿本」は作られているが、刊行されていない。なお、近世については、別に『大日本近世史料』[2]や『大日本維新史料』[3]がある。

上述のように『大日本史料』には未刊行部分が多いため、『史料綜覧』が刊行されている(既刊17巻。17巻は1639年(寛永16年)までが対象)[4]。『史料綜覧』は綱文の部分と典拠となる史料の名称を掲載しており、未刊行部分の時期を調べる際の手がかりになるほか、詳細な年表としても利用できる。

データベース編集

『大日本史料』のデータベース(「史料稿本」などを含む)が、東京大学史料編纂所の公式サイトで公開されている。

記述法編集

記述のスタイルは、はじめに綱文(要約文)を記し、その後にその事項の史料(日記、歴史書、古文書など)を原文で引用する。これは和学講談所の「史料」を範としたスタイルである。

源頼朝足利尊氏徳川家康征夷大将軍就任の記事を事例に挙げる。

建久3年(1192年)7月

綱文に「十二日、壬午、臨時除目、前権大納言源頼朝を征夷大将軍と為す(略)」とし、その後に『公卿補任』『吾妻鏡』『平家物語』などの史料を引用する。[5]

延元3年(1338年)8月

綱文に「(十一日)北朝、宗明王に源姓を賜ひ、従四位下に叙し、侍従に任じ、尊氏を正二位に叙し、征夷大将軍に補し、直義を従四位上に叙し、左兵衛督に任ず」とし、『公卿補任』『太平記』などを引用する。[6]

慶長8年(1603年)2月

綱文に『十二日、亥己内大臣徳川家康を右大臣に任じ、征夷大将軍に拝し、源氏長者、淳和奨学両院別当と為し、牛車兵仗を聴す(略)』とし、『公卿補任』『慶長日件録』『言経卿記』などを引用する。[7]

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ 第13編 慶安4(1651)年-、第14編 延宝8年(1680)-、第15編 天明6(1786)年-、第16編 嘉永6(1853)年-。[1]
  2. ^ 「柳営補任」「市中取締類集」「近藤重蔵蝦夷地関係史料」など、史料ごとに刊行。
  3. ^ 「編年之部」は弘化3年(1846年)から明治4年(1871年)を対象としたが、19冊(安政5年5月まで)刊行後に中断。「類纂之部」として「井伊家史料」を刊行。
  4. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション[2]で1巻から11巻までインターネット公開されている。
  5. ^ 『大日本史料』第4編4冊、国立国会図書館デジタルコレクション[3]98コマ
  6. ^ 『大日本史料』第6編5冊、国立国会図書館デジタルコレクション[4]38コマ
  7. ^ 『大日本史料』第12編1冊、国立国会図書館デジタルコレクション[5]19コマ

外部リンク編集