大田部 足人(おおたべ の たりひと、生没年不詳)は、奈良時代防人

経歴・人物編集

下野国千葉郡の人物。天平勝宝7年(755年)2月、防人として筑紫に派遣された際に詠んだ歌が『万葉集』に1首入集[1][2]

編集

  • 千葉の野の 児手柏の ほほまれど あやに愛しみ 置きて高来ぬ[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『大田部足人』 - コトバンク
  2. ^ a b 『万葉集』20巻-4387