メインメニューを開く

大竹 英洋(おおたけ ひでひろ、1975年 - )は、日本自然写真家。北アメリカ大陸ノースウッズ地域をフィールドとする。梅棹忠夫・山と探検文学賞、日経ナショナル ジオグラフィック写真賞最優秀賞受賞。

人物・経歴編集

京都府舞鶴市生まれ。東京都世田谷区育ち[1][2]東京都立戸山高等学校を経て、1999年一橋大学社会学部卒業[1][3]。一橋大学ワンダーフォーゲル部出身[4]。大学卒業後、ジム・ブランデンバーグ英語版に弟子入りしようと北アメリカ大陸ノースウッズに訪れ、以降同地で撮影活動を行う。ナショナルジオグラフィックなどで作品を発表[5][6][1]兵庫県神戸市垂水区在住[7][4]。2018年、著書『そして、ぼくは旅に出た。――はじまりの森ノースウッズ』で第7回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞[8][9]。2019年、日経ナショナル ジオグラフィック写真賞2018ネイチャー部門最優秀賞を受賞[10]

著書編集

  • 『動物の森 : 1999-2001』葉っぱの坑夫 2004年
  • 『ノースウッズの森で(月刊たくさんのふしぎ第246号)』福音館書店 2005年
  • 『春をさがして : カヌーの旅(月刊たくさんのふしぎ第253号)』福音館書店 2006年
  • 『もりのどうぶつ (こどものとも0.1.2.第177号)』福音館書店 2009年
  • 『ノースウッズの森で(たくさんのふしぎ傑作集)』福音館書店 2011年
  • 『カリブーの足音 : ソリの旅(月刊たくさんのふしぎ)』福音館書店 2016年
  • 『そして、ぼくは旅に出た。 : はじまりの森ノースウッズ』あすなろ書房 2017年

脚注編集

外部リンク編集