メインメニューを開く

大藪 泰(おおやぶ やすし、1951年3月 - )は日本の心理学者。専門は発達心理学、乳幼児心理学。

概略編集

1951年3月兵庫県神戸市生まれ。1974年3月、早稲田大学第一文学部心理学専修卒業。1976年3月、早稲田大学大学院文学研究科博士前期課程修了、文学修士。1979年3月、早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。2003年9月26日、早稲田大学より博士(文学)。長野大学専任講師を経て、1992年4月、早稲田大学第一・第二文学部助教授。1995年4月、早稲田大学第一、第二文学部教授に就任する。現在、早稲田大学文学学術院副学術院長、第一・第二文学部長。

著書編集

  • 『新生児心理学』、川島書店、1992年
  • 『共同注意』、川島書店、2002年