メインメニューを開く

五代目 大谷廣次(ごだいめ おおたに ひろじ、天保4年(1833年) - 明治6年(1873年2月1日)とは、幕末から明治初めにかけての歌舞伎役者。屋号明石屋俳名は紫道、紫友、十町定紋丸十

ごだいめ おおたに ひろじ
五代目 大谷廣次
Hiroji Ōtani V as Hosikage Tsuchiemon in Inichie Moyō Ōgi no Shigenui 1870.jpg
『往古模様扇重縫』の星影土右衛門(明治3年〈1870年〉中村座
屋号 明石屋
定紋 丸十 Maru ni Jū-monji (Kutsuwa) inverted.png
生年月日 1833年
没年月日 1873年2月1日
襲名歴 1. 大谷友松
2. 五代目大谷鬼次
3. 五代目大谷友右衛門
4. 大谷紫道
5. 五代目大谷廣次
俳名 紫道、紫友、十町
出身地 江戸
四代目大谷友右衛門

四代目大谷友右衛門の次男として江戸に生まれる。天保9年(1838年)11月、大谷友松の名で初舞台を踏む。父の死後、五代目大谷友右衛門を襲名。その後慶応元年(1865年)に江戸に下り、守田座に出る。明治2年(1869年)8月に大谷紫道と名乗った。明治4年、大坂に戻ったのちに五代目大谷廣次を襲名し、ふたたび東京へと移ったが舞台に出ることはなかった。

五代目友右衛門時代は江戸三座を掛け持ちで勤めるほどの人気があった。やや肥満体ながらも立派な容貌で貫禄があり、威厳はあるが華奢な体格だった九代目市川團十郎の夫人がうらやむほどだったと伝わる。実力もあり、立役・敵役・女形・老役を兼ね、『奥州安達原』の「袖萩祭文」、『菅原伝授手習鑑』、『仮名手本忠臣蔵』などの丸本物をよくした。

参考文献編集

  • 野島寿三郎編 『歌舞伎人名事典』(新訂増補) 日外アソシエーツ、2002年