大韓民国標準語

大韓民国標準語 (だいかんみんこくひょうじゅんご、대한민국 표준어/大韓民國標準語) は、大韓民国標準語。「教養ある人々があまねく使う現代ソウル言語[1]」において決めることを原則とする。国立国語院が管理している。標準語は口語としての規定であり、書法に関するハングル正書法とは別途の規定である[2]。現規定は1988年1月9日文教部告示第88-2号で告示された。

大韓民国標準語
各種表記
ハングル 대한민국 표준어 (文化語:남조선말)
漢字 大韓民國標準語 (文化語: 南朝鮮말)
発音 テハンミングク ピョジュノ (文化語: ナムジョソンマル)
日本語読み: だいかんみんこくひょうじゅんご
ローマ字 Daehanminguk Pyojun-eo (2000年式)
Taehanminkuk Py'ochunŏ (MR式)
Namjoseonmal (文化語、2000年式)
Namchosŏnmal (文化語、MR式)
英語表記: South Korean standard language
テンプレートを表示

関連項目編集

脚注編集