メインメニューを開く

大黒寺(だいこくじ)は、京都府京都市伏見区鷹匠町にある、真言宗東寺派の寺院である。通称は薩摩(さつまでら)。[1]

大黒寺
Daikoku-ji Kyoto 02.JPG
所在地 京都市伏見区鷹匠町4
位置 北緯34度56分13.2秒
東経135度45分38.9秒
座標: 北緯34度56分13.2秒 東経135度45分38.9秒
山号 円通山
宗派 真言宗東寺派
本尊 大黒天
創建年 元和元年(1615年
開基 島津義弘
正式名 円通寺圓通寺
別称 薩摩寺
札所等 京都六大黒天霊場(第6番札所)
伏見五福めぐり
伏見七福神
法人番号 4130005001786 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

開創は空海[2]とも真如[3]とも伝えられる真言宗の寺で、もとは「長福寺」と称した。

元和元年(1615年)、薩摩藩島津義弘が、薩摩藩邸からも近いこの寺を藩の祈祷所とすべく、伏見奉行山口駿河守に懇願したことで、寺名は薩摩の守り本尊「出世大黒天」にちなみ「大黒寺」とされ、本尊は大黒天となった。ただ、当時より一般には「薩摩寺」の通り名で呼ばれていたという。爾来、薩摩藩ゆかりの寺となる。

幕末期には志士達の密儀がたびたび寺内で行われていたという[2]寺田屋事件の九烈士もこの地に葬られており、遺品や書・歌などが今でも寺内に保管されているほか、西郷隆盛大久保利通らの会談の部屋もそのまま残されている[3]。また近代になり平田靱負の墓所が移設されている。1752年から1755年に薩摩藩が担当した木曽川・長良川・揖斐川の治水工事では工事途中で流されたこと影響などもあり300万両もの巨額な費用がかかった。その責任をとって薩摩藩家老の平田靱負は自刃した。[3]

屋根瓦には藩主島津家の家紋である丸に十字があしらわれている。

境内編集

伽藍ほか編集

  • 本尊:秘仏大黒天は、金張の厨子の中の小さな御仏で甲子の年に開帳(弘法大師空海の作と伝えられる)[4]
  • 脇:不動明王、毘沙門天。
  • 脇段:観世音菩薩。
  • 金運清水:霊験あらたかな水。
  • 西郷隆盛大久保利通の会談の部屋、ゆかりの書や歌、肖像なども保存。
  • 屋根瓦:ご本尊の大黒天を模した像と、丸に十字が入った紋。

墓所、札所編集

交通アクセス編集

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 竹村俊則『昭和京都名所図会』駸々堂出版株式会社、1986年、114頁。ISBN 4-397-50132-7
  2. ^ a b 全日本仏教会・寺院名鑑刊行会『全国寺院名鑑 近畿篇』寺院名鑑刊行会事務局、1960年8月1日、159頁。
  3. ^ a b c 山本眞嗣『京都伏見歴史紀行』山川出版社、1983年9月20日、17頁。
  4. ^ a b 石田孝喜『幕末京都史跡大辞典』杉本惇、2009年、315頁。ISBN 978-4-404-03593-6
  5. ^ 尊皇派6人(有馬新七柴山愛次郎橋口壮介西田直五郎弟子丸龍助橋口伝蔵)死亡、2人(田中謙助森山新五左衛門)が重傷を負い、切腹。討手(道島五郎兵衛)の9烈士である。
  6. ^ 御大礼記念京都府伏見町誌| 国立国会図書館デジタルコレクション コマ番号62”. 2019年11月23日閲覧。
  7. ^ 「THE 伏見」編集部編『京都を愉しむ 歴史でめぐる伏見の旅』淡交社、2015年、78頁。ISBN 9784473040428

外部リンク編集