東岳大帝

太山府君から転送)

東岳大帝東嶽大帝、とうがくたいてい)は、道教の神[1]。五岳の一つである東岳泰山の神であり泰山府君東岳天斉仁聖大帝東岳天斉大生仁聖帝とも呼ばれる[1]

泰山は古くから死者の霊が集まる場所とされたため、泰山の神は冥界の最高神であり、人間の寿命や在世での地位を司ると考えられた[2]。泰山府君のもとには人の運勢を細かく記した「禄命簿」があったともいわれる[2]。一般に玉皇上帝の孫だといわれる[2]

代以降は歴代皇帝が泰山において封禅の儀式を行うようになり、泰山の神は天帝に匹敵する権威をもつようになった[2]。それまで泰山府君と呼ばれていたが、この頃から東岳大帝という名が一般化した[2]。天帝直結の天尊として城隍神や土地神を統率し、侍従を従えて巡幸し人間界の善悪を視察して不正を匡す神として中国各地で祀られた[3]

また、日本では陰陽道の主祭神でもある。陰陽道などを題材とした物語では、安倍晴明が使ったとされる陰陽道の最高奥義「泰山府君の祭」は死者を蘇らせる秘術であるとされることが多いが、文献では風前の灯であった高僧の命を救ったとされるのみであり、死者を蘇らせた記述はない。天皇などに対する健康長寿を祈祷する祭祀である。

泰山府君社跡なる祭壇が福井県大飯郡おおい町にある天社土御門神道本庁に存在するが、別種の祭儀に用いる事はあれ、現代において泰山府君祭の儀が執り行われる事はない。

仏教編集

仏教では太山府君(たいざんふくん)と呼ばれ十二天の一尊焔摩天に従う眷属の一尊とされる[4]

胎蔵界曼荼羅では焔摩天の真下に配され、その形象は1面2臂で、左手に人の顔のついた杖(人面幢)を持ち、その前に跪いている者の生前の罪状を聴いて右手の筆で書物に書き記す姿が描かれている[4]

十王信仰に取り入れられ、十王のうちの泰山王太山王)となった[4]

出典編集

  1. ^ a b 『道教事典』平河出版社1994年、p.437
  2. ^ a b c d e 山北篤『東洋神名事典』新紀元社2002年、p.250
  3. ^ 『[図説]中国の神々』学研2007年、p.84
  4. ^ a b c 錦織亮介『天部の仏像事典』東京美術1983年、p.165

関連項目編集