佐藤正持「魚屋八兵衛図」毛呂清春旧蔵。

奥 八兵衛(おく はちべえ、生年不詳 - 寛文9年1月23日1669年2月23日))は、江戸時代京都の魚屋である。屋号は河内屋。

代々の家業である魚商にたずさわり、鮮魚を調進するため皇居にも出入りしていた。承応3年(1654年)、後光明天皇の崩御に際して、先例により葬儀は仏教の式とし、玉体(天皇の身体)は荼毘に付す(火葬)ことと朝議で決した。これを聞いた八兵衛は、火葬が仏教に基づく葬制であるところ、かねて天皇は儒学に専心して「火葬は不である」と嘆き、仏教を信仰していなかったことから、火葬することは天皇の意思に沿わないと考えた。そこで八兵衛は、仙院上皇の御所)から関白の屋敷、後宮、官吏の役宅まで訪ね回り、数日にわたって号泣して火葬の中止を建言懇請した。ついに朝議は八兵衛の建言を採納し、持統天皇から千年近くにわたって断続的に行われていた天皇の火葬を停止した。以後、昭和天皇に至るまで歴代天皇は土葬された[1]

1879年明治12年)に、忠誠を賞して、子孫の奥八郎兵衛が追賞を受けて士族に列せられ、さらに1907年(明治40年)5月には八兵衛に正五位が贈られた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 歴代の天皇、3分の1は火葬 - MSN産経ニュース(2013年11月15日 13:35版)
  2. ^ 故角倉了以外一名贈位ノ件 - 国立公文書館デジタルアーカイブ。贈正五位の叙位裁可書。

関連項目編集