奥山 重之助(おくやま じゅうのすけ)は現代音楽・映画音楽などの分野で活動した録音技師。武満徹音楽の音源制作・録音を手掛ける、水の曲などが有名。録音・音響技師としてジョン・ケージ音楽に携わるなど、電子音楽の先駆者的存在である。

代表作品編集

映画編集

  • 世界は恐怖する-死の灰の正体-(1957年)
  • 流血の記録 砂川(1957年)
  • お母さんの幸福(1958年)
  • 小さな仲間(1958年)
  • おとし穴(1962年)
  • 砂の女(1964年)
  • KISS KISS KISS(1964年)
  • 堅々獄夫婦庭訓(1964年)
  • 怪談(1965年)
  • 他人の顔(1966年)
  • インディレース 爆走(1967年)
  • 上意討ち 拝領妻始末(1967年)
  • ねむの木の詩(1974年)
  • 人間であるために(1974年)
  • わが青春のとき(1975年)
  • 化石(1975年)
  • 変奏曲(1976年)
  • はだしのゲン(1976年)
  • はだしのゲン 涙の爆発(1977年)
  • ねむの木の詩がきこえる(1977年)

など

関連人物編集