姜嫄(きょうげん)は、の祖である后稷(弃)の母。

概略編集

史記』周本紀では「姜原」とし、有邰氏の娘とされ、帝嚳の元妃であるとされる。『列女伝』母儀伝では、姜嫄は邰侯の娘とされ、のときの人物とされる。

『史記』周本紀によると、姜原は野に出て、巨人の足跡を見た。面白がってこれを踏んだところ、身体の動きが妊婦のようになった。時期が来て子を産んだが、姜原はこの子を不祥とみなした。子を隘巷に捨てたが、馬や牛の通り過ぎる者もみな避けて踏もうとしなかった。林中に移して置こうとしたが、山林で多くの人と出くわしたので、場所を変えた。渠中の氷の上に捨てたが、飛ぶ鳥がその翼でこの子を覆い暖めた。姜原は神秘を認めて、この子を拾い育てた。初めに弃(棄)てようとしたことから、「弃」と名づけたという。

『列女伝』母儀伝によると、姜嫄は遊行して、巨人の足跡を発見し、面白がってこれを踏んだ。帰って妊娠が発覚した。卜筮して天を祀り、子が産まれないように願ったが、結局生まれてしまった。姜嫄はこの子を不祥とみなし、子を隘巷に捨てたが、牛や羊もみな避けて踏もうとしなかった。そこでこの子を平林に移したが、林で木を切る樵夫たちがこの子に敷物をし覆いをかぶせた。そこでこの子を寒氷の上に捨てたが、飛ぶ鳥がこの子をその翼で抱き暖めた。姜原は異常を認めて、この子を拾って帰り、「弃」と名づけたという。

詩経』の大雅生民や魯頌閟宮にも、また姜嫄の伝説が謡われている。

脚注編集

[脚注の使い方]