メインメニューを開く

字彙補』(じいほ)は、の呉任臣(ごじんしん)によって編纂された、『字彙』を補足訂正した書物。康熙5年(1666年)序。『康熙字典』に出典のひとつとして使われている。

内容編集

著者の呉任臣はを志伊といい、ほかに『十国春秋』『山海経広注』などの著作がある[1]。呉任臣は『字彙』が優秀であることを認めながら、古典や大蔵経道蔵などの字が載っていないことが多いのを欠点として、その追補を作った。

『字彙』と同じ214部首に従い、部首ごとに「補字」(字を補う)「補音義」(音義を補う)「較譌」(誤りを正す)の3点について補っている。

全体で補字が12,371字、補音義が5,525字、較譌が269字ある[2]

較譌の例として、『字彙』の「候」の字を「𠊱」に直すなど、『字彙』が一般に行われている字を取ったのに対して、『字彙補』は古い書籍に根拠のある字を正としている[3]

脚注編集

  1. ^ 『清史稿』巻484・文苑列伝一・呉任臣
  2. ^ 『字彙補』目録による
  3. ^ 李心「吳任臣《字彙補》之「較譌」研究」『第十三屆中區文字學學術研討會』2011年、 169-184頁。

外部リンク編集