宇佐美 房忠(うさみ ふさただ、? - 1514年)は、室町時代戦国時代武将琵琶島城主。

 
宇佐美房忠
時代 室町時代戦国時代
生誕 不明
死没 永正11年(1514年
別名 宇佐美孝忠?宇佐美弥七郎房忠[1]
幕府 室町幕府
主君 越後上杉氏
氏族 宇佐美氏
父母 宇佐美孝忠
養父:宇佐美定秀[1]
宇佐美定満
テンプレートを表示

生涯 編集

永正3年(1506年長尾為景による下剋上で守護となった主君、上杉定実だが実権は長尾為景が掌握した。

永正10年(1513年)それをよく思ってなかったのが上杉定実で、上杉定実は打倒為景を掲げ味方の宇佐美房忠を中心に挙兵した。[2]

上杉定実と共に小野城を拠点にして戦ったが[3]春日山城を占拠していた定実が為景に幽閉され、戦況は為景有利で展開された。[2]

永正11年(1514年)小野城が陥落し宇佐美房忠は岩手城に退いて戦うも討ち死にした[3]

脚注 編集

  1. ^ a b 宇佐美孝忠と宇佐美房忠は同一人物であるという説がある。
  2. ^ a b 武家家伝_宇佐美氏、2021年10月1日閲覧
  3. ^ a b 琵琶島城とは2021年10月1日閲覧