メインメニューを開く

宇山 久兼(うやま ひさかね)は、戦国時代武将尼子氏の家臣。

 
宇山久兼
時代 戦国時代
生誕 永正8年(1511年
死没 永禄9年1月1日1566年1月22日
官位 飛騨
主君 尼子経久晴久義久
氏族 宇山氏
久信森脇久仍正室

目次

出自編集

宇山氏近江源氏庶流・佐々木氏の一流。佐々木頼綱の弟・輔綱鳥山氏を名乗りその子孫が宇山氏に改姓したとされる[1]

生涯編集

尼子経久の代から仕える。その孫・晴久天文9年(1540年)の吉田郡山城攻め、永禄元年(1558年)・永禄3年(1560年)の石見国攻めなどに参加した。

永禄5年(1562年)から毛利元就月山富田城攻めを起こすと、久兼は主君・尼子義久を懸命に励まし、元就による兵糧攻めが行なわれても、私財を投げ打って兵糧を調達するなど、忠臣として大いに活躍した。しかし、大塚与三衛門の讒言により、義久によって城中にて殺害された。久兼の死により、籠城戦に必死に耐えていた尼子軍は総崩れとなり、滅亡へと向かって行くこととなった。

宇山誠明と宇山飛騨守編集

一方で、宇山姓の尼子方武将は宇山誠明宇山飛騨守と名乗る別人もいる。宇山一族の大半は義久により粛清されたとされるが、宇山誠明は降伏時まで富田城に在城しており、二宮俊実が記した「義久様へ之御供之衆」では移送時の同行者一覧の筆頭に名があり、義久の幽閉先まで同行を許されているのが分かり、その後安芸志道で病死した。

誠明は尼子義久が江見氏等の美作国人に宛てた文書にも「宇山右京亮」として度々登場しており、他の江見左衛門佐宛の文書には「宇山飛騨守は死んだが動揺することはない」というものがある。

つまり、同行者一覧で筆頭に居た宇山誠明は生きていたが、宇山飛騨守は誅殺されたことになり、この宇山飛騨守が後に宇山久兼として伝わったものだと思われる。ただ、宇山飛騨守の尼子家臣としての立場は、重臣佐世清宗牛尾幸清中井綱家立原幸綱川副久盛と比べると格下だったと思われる。

脚注編集

  1. ^ 『宇山家系図』