宇都宮正綱 (修理太夫)

戦国時代の武将。

宇都宮 正綱(うつのみや まさつな、生年不詳 - 天正7年(1579年))は戦国時代武将で、下野宇都宮氏と同族である。

 
宇都宮正綱
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 天正7年(1579年)
別名 若宮様
官位 修理太夫
氏族 宇都宮氏
父母 宇都宮長雲
テンプレートを表示

伊予国(現愛媛県)高山城主。天正7年(1579年)に長宗我部氏岡本城 (伊予国)に侵攻した際に援軍として三間へ赴きそこで戦死した。正綱の首級は家臣が、持ち帰り、若宮神社 (西予市)の大松の根本に埋めたという。正綱の廟所は正綱公廟と呼ばれ、西予市が指定史跡となっている。

正綱は槍と馬の名手で黒瀬衆八騎の一人とされ、「宇和郡記」にも「正綱は宇都宮氏にして、武勇衆に勝れたる名士なり、岡本城激戦の時戦死す。」と書かれている。