守旧派(しゅきゅうは, Old Guard)とは、何らかの改革革新(Reform)の動きに対して、現状維持を望む勢力およびの従来の考えの側の勢力のことをさす。

特に、改革派が反対勢力に対して、「既得権益を有し保身を行なうもの」という偏見をもって言うことが多い。このことから、「保守派」と異なって「守旧派」が自称されることはまずない。[独自研究?]

中国史では、清末におけるいわゆる変法自強運動に際し、改革派を洋務派、反対派を守旧派と呼んだことがある。朝鮮近代史においては、開化派に対する王宮を中心とした勢力に対して用いられる。[要出典]

最近の政治における守旧派編集

関連項目編集