宝塔実憐

高麗の忠宣王の妃

宝塔実憐(ブッダシュリ、? - 1316年1月15日)は、高麗の第26代王忠宣王の妃。モンゴル人で、の皇族の晋王カマラの娘。泰定帝とは姉弟である。1296年降嫁される[1]1310年、元より韓国長公主に封じられる。没後の1343年、元より薊国大長公主に追封される[1]。忠宣王の妃 趙妃が寵愛されている事に嫉妬し、誣告事件を起こした。子女は無し。

宝塔実憐
高麗王后

別称 韓国長公主
薊国大長公主
出生 ?
死去 延祐2年12月20日
1316年1月15日
配偶者 忠宣王
父親 カマラ
テンプレートを表示

家族編集

脚注編集

  1. ^ a b 森平雅彦 2008, pp. 13

参考文献編集

  • 森平雅彦「高麗王家とモンゴル皇族の通婚關係に關する覺書 (特集 東アジア史の中での韓國・朝鮮史)」『東洋史研究』第67巻第3号、東洋史研究会、2008年12月、 363-401頁、 doi:10.14989/152117NAID 40016449497