メインメニューを開く

宝塚歌劇団4期生(たからづかかげきだん-きせい)は1916年宝塚歌劇団に入団した者を指す。初舞台の公演演目は、秋田露子1917年夏季公演の『大江山』[1]で、天野香久子1918年春季公演の『一寸法師』[1]であり、その他は不明である。当時は寶塚少女歌劇團であった。

概要編集

初代・有馬稲子が入団したのはこの期である。

一覧編集

芸名[2] 読み仮名 誕生日 出身地 出身校 芸名の由来 愛称 役柄 退団年[2] 備考
秋田露子 あきた つゆこ 3月17日 大阪府池田市[3] 百人一首 娘役 1925年
天野香久子 あまの かくこ 3月7日 大阪府大阪市 百人一首 両役 1927年
有馬稻子 ありま いねこ 大阪府池田師範学校附属小学校[4] 百人一首 腕白小僧[4]
有馬猫[4]
男役[4] 1926年 (2代目)有馬稲子は姪(養女)[5]
沖野石子 おきの いしこ 6月28日 福井県 百人一首 娘役 1921年
三笠月子 みかさ つきこ 3月28日 大阪府 百人一首 娘役 1919年

脚注編集

  1. ^ a b 『寳塚歌劇少女の生活』河原蓬著、育文館書店、1922年11月25日
  2. ^ a b 『宝塚歌劇90年史 すみれ花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団、2004年4月1日、238頁。 
  3. ^ 『寶塚の歌劇少女』橋詰せみ郎著、新正堂書店、1923年12月5日、P57
  4. ^ a b c d 婦人倶楽部』、講談社、1952年12月号
  5. ^ 橋本雅夫 『夢を描いて 華やかに 宝塚歌劇80年史』 宝塚歌劇団、1994年9月9日、196頁。