メインメニューを開く

宝幢若公(ほうどうじゃくこう)は、室町時代足利将軍家の一族。室町幕府の第3代将軍・足利義満の次男。同第4代将軍・足利義持と同第6代将軍・足利義教の異母兄に当たる。庶長子の尊満とは同母兄弟である。宝幢寺[要曖昧さ回避]の造営中に義満側室の加賀局(柳原殿)が産んだ男子のために宝幢若公と称したが、わずか3歳で夭折した[1]

 
宝幢若公
時代 室町時代前期
生誕 至徳2年/元中2年(1385年)3月
死没 至徳4年/元中4年1月14日1387年2月3日
氏族 足利氏足利将軍家
父母 父:足利義満、母:加賀局(柳原殿)
兄弟 尊満宝幢若公義持義嗣義教大覚寺義昭ほか
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ 臼井信義 著『人物叢書‐足利義満』吉川弘文館、1989年、p.240

参考文献編集

書籍