メインメニューを開く

實行教(じっこうきょう)は、富士信仰富士講のひとつである不二道に起源をもつ教派神道の一派である。包括宗教法人としての名称は旧字体の「實行教」だが、被包括宗教法人には新字体の「実行教」で登記されているところも多い。

目次

概要編集

不二道の第十世であった柴田花守(咲行)が1878年(明治11年)に「実行社」を組織し、1882年(明治15年)に教派神道の一派として独立し「実行教」となる[1]

扶桑教と同じく開祖を長谷川角行とし、伊藤身禄派に連なる[2]

つまり五世食行身禄(じきぎょう みろく。伊藤身禄のこと)の三女の一行此花(六世伊藤一行)とその養子である七世伊藤参行に連なる[2]。参行に、別の富士講に所属した小谷三志が師事し拡大していった[2]。八世となった三志は富士信仰の呪術的性格よりも実行を重んじ[3]、「不二考」としたが、天保9年に「不二道」となった[4]。ここから2派が別れ、ひとつが宍野家が広めた扶桑教、もうひとつが柴田家が広めた実行教である[5]

実行教では、まず修行努力の方向を示す行名を授与され、修行が満足に達せられると成功を称える三名が授与される。

歴代道統および管長編集

所在地編集

脚注編集

参考文献編集

  • 井上順孝『教派神道の形成』弘文堂、1991年4月。ISBN 978-4335160219
  • 井上順孝ほか編『新宗教教団・人物事典』弘文堂、1996年1月。ISBN 978-4335160288
  • 菅田, 正昭『古神道は甦る』たま出版、1985年。ISBN 4884811321(文庫:1994年。ISBN 4886924603。)

外部リンク編集