宣憲皇后(せんけんこうごう、生没年不詳)は、五代十国時代後唐の明宗李嗣源の側室(即位前没)。姓は魏氏。末帝李従珂の母であり、その即位後に皇后に追尊された。

宣憲皇后
後唐の追封皇后

配偶者 王氏
  明宗
子女 末帝
父親 魏氏
テンプレートを表示

生涯編集

鎮州平山県の人。初め、同郷人の王氏に嫁いだ。男子を1人産んだ。唐の景福初年、李克用軍が平山を占領した際、魏氏は捕らえられ、李嗣源の側室となった。李嗣源は金にだらしなかった上、正妻の曹氏も家政が苦手だったため、魏氏が家事を担った。

魏氏は明宗の即位前に病死した。明宗が即位すると、魯国夫人を追贈した。実子の李従珂が即位すると皇后に追尊され、「宣憲」のを贈られた。

男子編集

伝記資料編集