メインメニューを開く

宮原勇(みやはら いさむ、1955年7月17日[1] - )は、日本哲学研究者、名古屋大学教授。

長野県生まれ。1979年京都大学文学部哲学科卒業。85年同大学院文学研究科博士課程後期研究指導認定退学。愛知県立大学文学部講師、助教授、教授、98年同外国語学部教授、2008年名古屋大学文学研究科教授[2]。1993-94年アレクサンダー・フォン・フンボルト財団の奨学研究員としてドイツ連邦共和国に滞在する。1997年「現代哲学におけるロゴスの問題」で京都大学文学博士。京都大学へも非常勤講師として出講。

著書編集

  • 現象学の再構築』理想社 理想哲学選書 1988
  • 『ディアロゴスの現象学 対話的言語行為の構造と原理』晃洋書房 1998
  • 『図説・現代哲学で考える<心・コンピュータ・脳>』丸善 京大人気講義シリーズ 2004
  • 『図説・現代哲学で考える〈表現・テキスト・解釈〉』丸善 京大人気講義シリーズ 2004
編著

翻訳編集

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 名古屋大学教員紹介