メインメニューを開く

宮城 啓子(みやぎ けいこ、1948年 - )は、日本の刑事訴訟法学者。筑波大学法科大学院教授法務省司法試験考査委員等を務めた。博士(法学)

人物・経歴編集

静岡県静岡市生まれ。東京都立西高等学校を経て、1971年一橋大学法学部卒業。1974年一橋大学大学院法学研究科公法専攻修士課程修了、法学修士[1]福田平ゼミ出身[2]フルブライト・プログラムカリフォルニア大学バークレー校法科大学院LL.M.コースに留学し、1980年一橋大学大学院法学研究科公法専攻博士課程単位取得退学。1999年 論文「裁量上告と最高裁判所の役割――サーシオレイライとへビアス・コーパス――」で一橋大博士(法学)[1]。審査員後藤昭村井敏邦山本和彦[3]

1980年成城大学法学部助手、1981年同専任講師、1985年同助教授、1992年同教授、2004年筑波大学法科大学院教授、2012年専修大学法学部教授。この間、法務省司法試験考査委員防衛庁離職者就職審査会委員、防衛省防衛人事審議会公正審査分科会委員、第二東京弁護士会懲戒委員会委員、国立大蔵病院倫理委員会委員等も務めた[4][5]

著書編集

  • 『裁量上告と最高裁判所の役割――サーシオレイライとへビアス・コーパス――』千倉書房、1998年

脚注編集