家屋

人の居住を用途とする建築物

家屋(かおく)は、が居住する建築物のこと。家(いえ)、住宅(じゅうたく)。

日本の住宅(建売り住宅)

概要 編集

生物学的な表現をすると、ヒトが作るといえ、一般に固定された場所に頑丈な素材で建設される。ただし、人が定住生活を送るようになったのは最近の話であり、それまでは移動式の住居を用いていた。現在でもモンゴル人ゲル中国水上居住者東南アジアなどのハウスボート、欧米諸国に多く見られるようなトレーラーハウスのような移動家屋が存在する。しかし、テントのような仮設の物は家屋とは呼ばれない。また、固定された場所であっても、洞窟内にそのまま住むような場合は一般に家屋とは呼ばれない。

最低限、人が風雨をしのぎ、そこで安心して寝起きすることが出来るものが家であり、またそこで居住を共にするものが、家の仲間であり、家族となる。家屋はいわばそうした家族のためのと考えることが出来る。

豪華な庭園プールなどを供えた豪邸と呼ばれるものや、客家土楼のように100を超える家庭が居住する大型の家屋もある。逆に貧弱でつましい家屋としては、ホームレス段ボール箱やブルーシートを固定した空間などが挙げられる。

日本では1881年奈良県河合町佐味田の4世紀後半の前方後円墳佐味田宝塚古墳・国の史跡)から出土した「家屋文鏡」の家屋の図像が最古のものとして知られている。

日本の税務、不動産登記実務上では、以下の3要件をみたすものを不動産登記や固定資産税の対象となる家屋としている。

  • 土地定着性 : 土地に永続的に定着していること
  • 外気遮断性 : 屋根および三方以上の壁があり、風雨をしのぐことができること
  • 用途性 : 目的とする用途に供し得る状態にあること

なお、長期間居住者のいない家屋は空き家空家)といい、居住者がおらず荒廃した家屋は廃屋あばら家などと呼ばれる。日本では住宅を撤去して更地にすると固定資産税の軽減措置が受けられなくなるため、相続した住宅をそのまま空き家にしているケースが増えていることが2014年に確認されている[1]。同年には、市町村が倒壊の恐れがある「特定空き家」の撤去や修繕を命じること、また、行政代執行も可能にする空家等対策の推進に関する特別措置法が成立した[2]。 2020年2月25日、2017年10月国土交通政策研究所の調査によると、無回答を除くと専任職員を置いていない市町村は約32%に上り、空き家がある自治体の内、対策をした実績があるのは約13%にとどまった[3]

総務省の2018年度の調査によると、別荘や賃貸用の住宅などをのぞき、人が長い間住んでいない空き家は349万戸。20年間で約1・9倍に増え、住宅総数の5.6%を占める[4]

家屋調査 編集

家屋調査は、以下の通り建物や家屋の解体新築工事に際して近隣家屋を対象に行う調査や、固定資産税額の算出を目的に行う調査、土地家屋調査士が行う家屋に関する調査などがある。

工事施工・建物解体場所に近隣する家屋や物件に対して、工事による影響を与えたかどうかを正確に判断する為の資料を得るために、現在の家屋物件の状態を調査する。

家屋を新築、増築した場合は固定資産税が課税される。このためその税額を算出するために家屋調査を当該自治体で実施する。この調査では屋根、外壁、内壁、床などの仕上げ、トイレや風呂など水回りをはじめ建築設備などを確認し、家屋の評価額を算出する。

土地家屋調査士が行う家屋に関する調査及び測量は、不動産建物の物理的な状況を正確に把握し不動産登記するためにする調査、測量(建物計測)を指す。建物の場合新築した建物や登記し忘れている建物は登記記録がないため、新築建物ならば完成時にどのような建物であるか、誰が所有者であるか登記する必要があり、これを「建物表題登記」というが、このほかに建物関連の登記には建物の種類・構造・床面積等に変更があったときの変更登記や誤っていたときの更正登記、建物が滅失したときの滅失登記や、建物合体登記、建物分割登記、建物区分登記、建物合併登記などがある。これらの登記のため、必要に応じて建物の位置や敷地内の配置寸法、建物の大きさなどの現地計測(建物図面各階平面図作製のため)と写真撮影、必要資料収集などを行う。

家屋を生息域とする異種生物 編集

家屋内には、人以外にも多くの生物が出現し、様々な生活を行っている。その出現の理由も家屋の利用の方法も様々なものがある。

例えば、ダニ目では家屋内で発見された種が五亜目にまたがって総計149種知られ、日本国内でも100種以上が記録されている[5]。もちろんこの中には外部から一時的に侵入したもの、偶発的なものも含まれる。

ある程度、常在的に棲息するものには以下のようなものがある。

  • 無気門亜目のチリダニ類は、室内のほこりの中に棲息し、チリや人間のふけ、毛髪などのタンパク質を摂取する。この類にはアレルゲンとなるものがある。陰気門類ではイエササラダニが、中気門類ではホソゲチトゲダニ等がやはりホコリの中に棲息する。
  • コナダニ類はホコリの中にもいるが、小麦粉や砂糖などの保存食品などを食べ、時に大発生する。
  • 前気門類のツメダニ類はチリダニやコナダニの捕食者で、彼らと共に出現する。時に人間に噛みついて炎症を起こす。
  • 中気門類のイエダニは家に住むネズミに寄生し、時にヒトからも吸血する。

家屋に生息する動物には、しばしばその地域では家屋でしか見られないものがある。また、そのような種は、往々にして世界的な分布を持つ。これは人間の移動に伴って運ばれるためと考えられる。例えば、クモの場合、野外にも見られるものから家屋内でしか見られないものまであり、純家屋性の種は世界的に広く見られる例が多い。これにはアシダカグモチリグモユカタヤマシログモオオヒメグモチャスジハエトリ等が挙げられる[6]

屋敷 編集

家屋の立っている敷地、または家屋などを含めた敷地全体を屋敷(屋敷地)という。なお、大きな邸宅のことを「お屋敷」「御殿(ごてん)」ということもある。

空き家・廃屋 編集

人が住まなくなると住めない状態になる廃屋となる。責任の所在も不明で崩落により周囲にも被害がでて、撤去にも費用がかかることに加え更地にすると固定資産税が高くなるために解体を躊躇するケースが多く、そのために空き家対策が各地の問題となっている[7][8]

空き家対策

出典 編集

  1. ^ 空き家率、過去最高の13.5%=山梨、長野が上位―総務省 時事通信 2014年7月29日
  2. ^ 「放置空き家」対策法成立 立ち入り調査可能に”. 日本経済新聞社 (2014年11月21日). 2018年2月24日閲覧。
  3. ^ 京都新聞2020年2月26日朝刊
  4. ^ 危険な空き家「予備群」に対策促す 国交省、税優遇見直しを検討:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞. 2022年12月23日閲覧。
  5. ^ 以下、ダニに関する記述は江原編著(1990),p.60-68による。
  6. ^ 八木沼(1969)p.78
  7. ^ 危険な空き家 特措法で解体 費用は所有者に全額請求 土浦で2例目:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web. 2023年4月25日閲覧。
  8. ^ 空き家撤去促進へ 企業と協定 解体費用見積もり、業者も紹介:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年1月12日). 2023年4月25日閲覧。
  9. ^ 「空き家」の処分、最善は早期の売却 「無償譲渡」「有償で国に引き渡し」の選択肢も”. マネーポストWEB (2023年4月24日). 2023年4月25日閲覧。
  10. ^ The Towns Italy Forgot -- National Geographic Traveler” (英語). Travel (2011年8月2日). 2023年4月25日閲覧。
  11. ^ 「持続可能な農村ツーリズムに向けてのアルベルゴ・ディフーゾの可能性」 著:國井 大輔(農林水産政策研究所 農業・農村領域 主任研究官)サイト:農林水産省

参考文献 編集

  • 八木沼健夫 『クモの話 : よみもの動物記』 北隆館、1969年。
  • 江原昭三編著『ダニのはなし 1』、(1990)、技報堂出版

関連項目 編集