富寿神宝

皇朝十二銭5番目の銅銭

富寿神宝(ふじゅしんぽう、正字体:富壽神寳)は、嵯峨天皇弘仁9年(818年)に日本で鋳造発行された銭貨である。皇朝十二銭のひとつ。

富寿神宝(東京国立博物館所蔵)

直径23mm前後の円形で、中央には正方形の孔が開いている。銭文(貨幣に記された文字)は、時計回りに回読で富壽神寳と表記されている。裏は無紋である。量目(重量)3g程度の銅の鋳造貨である。

朝廷の鋳造した銭の質はこの頃より低下し、鉛分が多くなってきている。