寒極(かんきょく、英語: Pole of Cold)は、南半球北半球それぞれで、最も低い地上気温が観測された地点。北半球・南半球ともに、比熱の小ささの影響で冬季の気温の低下幅が大きい、大陸の内陸部に存在する[1]

北半球の寒極編集

  • オイミャコン
    • 1926年1月26日、-71.2℃を観測(※測定法に議論あり)、1933年2月6日、-67.7°Cを観測
  • ベルホヤンスク
    • 1885年1月15日、1892年2月5日、2月7日、-67.8℃を観測

南半球の寒極編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 仁科 2014, p. 24.

参考文献編集

  • 仁科淳司『やさしい気候学』古今書院、2014年、第3版。ISBN 978-4-7722-8506-3

関連項目編集

外部リンク編集