メインメニューを開く

尋有(じんう、生没年不詳)は、鎌倉時代天台宗の僧。日野有範の次男であり、親鸞の弟。

幼くして比叡山に登って出家した。1262年(弘長2年)に親鸞が死去した場所は、尋有の住坊「善法坊」と伝えられる。

関連項目編集