メインメニューを開く

小島 二朔(こじま じさく、1901年1月19日 - 1974年5月19日[1])は、歌舞伎・舞踊の台本作者。

東京千住生まれ。本名・小島勝太郎。1919年市村座に入り二代竹柴金作に師事、竹柴二朔として作者部屋にあり、1924年七代坂東三津五郎つき作者となる。1931年退座。日本舞踊協会事務局に勤め、書記長。『芸能』に俳優芸談を連載、また西川流名古屋をどりなどの舞踊台本も手がけた。妻は西川鯉好、息子は西川鯉男の名で舞踊家[2]

著書編集

  • 『狂言作者』青蛙房 1958
  • 『芸業五十年』青蛙房 1968
  • 『小島二朔芝居ばなし』西川鯉男編 青蛙房 1986

編著編集

脚注編集

  1. ^ 『歌舞伎座百年史 資料編』
  2. ^ 『狂言作者』『芸業五十年』