小早川則平

室町時代前期の武将。小早川春平の嫡子。子に小早川持平(嫡子)、小早川教平、小早川満平ほか。沼田小早川氏9代。

小早川 則平(こばやかわ のりひら、応安6年/文中2年(1373年) - 永享5年1月26日1433年2月16日))は、室町時代前期の武将[1][2]

経歴・人物編集

沼田小早川氏の当主春平嫡子として安芸国に生まれる[2]室町幕府第4代将軍足利義持に仕え、応永15年(1408年)より朝鮮王朝に使節を派遣、貿易を行う[1]。同21年(1414年九州探題渋川満頼を助け、豪族間の調停に努めた[1]永享4年(1432年)5月には九州探題を交代するよう幕府に提案した[2]。同5年(1433年)死去[2]。所領は当初、嫡子の持平に相続されたが、不孝による悔返によって弟の煕平に与えられたため、兄弟間に争いが生じた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『小早川則平』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『小早川則平』 - コトバンク