小普請奉行(こぶしんぶぎょう)は、江戸幕府に置かれた職のひとつ[1]

概要編集

旗本から任じられ、若年寄に属した。諸大夫役、2000石高。芙蓉間詰。定員は2名。

1685年貞享2年)に初めて設置され、江戸城をはじめとして、徳川家菩提寺である寛永寺増上寺などの建築・修繕などを掌った。

配下として小普請方、小普請改役、小普請吟味役などが設けられていた。

普請奉行作事奉行とともに「下三奉行」と称された。  

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 鈴木 解雄 (1958). “江戸幕府小普請方について(意匠・歴史)”. 日本建築学会論文報告集 (日本建築学会) (60): 657-660. NAID 110005052451. 

関連項目編集