メインメニューを開く

小杉 イ子(こすぎ イね、1884年明治17年)11月[1] - 1964年昭和39年)1月6日[1][2])は、日本の看護師助産師政治家参議院議員

経歴編集

宮崎県[1][3]、のちの都城市で小杉重二の娘として生まれる[4]。1905年、大阪の梅花女学校を卒業[1][2][3][4]。1913年、大阪の緒方病院に就職し会計課に配属され、のち同院産婆看護婦養成所監督を務めた[1][2][3][4]。産婆看護婦試験に合格し、1917年、常盤看護婦会を立ち上げた[4]。その後、大阪梅花女子専門学校評議員、神戸市技手補、市民神戸病院看護婦長・風紀取締、川西航空機補導課教育係寮母などを務めた[1][2][3][4]

戦後、1947年4月、第1回参議院議員通常選挙全国区から出馬して当選(任期3年)し、その後、緑風会に所属して参議院議員を1期務め[2]、女性の地位向上に尽力した[3]

著作編集

著書
  • 『霊肉の闘ひ』積文館、1926年。
編著
  • 増田正治著『生きる人』小杉イ子、1922年。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『日本女性人名辞典〔普及版〕』449頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』419頁。
  3. ^ a b c d e 『大阪人物辞典』449頁。
  4. ^ a b c d e 『人事興信録』第15版 上、コ8頁。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録』第15版 上、1948年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『日本女性人名辞典〔普及版〕』日本図書センター、1998年。
  • 善貞司編『大阪人物辞典』清文堂出版、2000年。