メインメニューを開く

小林 俊三(こばやし しゅんぞう、1888年6月3日 - 1982年6月3日)は、東京都出身の最高裁判所判事。弁護士(第二東京弁護士会所属)。

来歴編集

1914年(大正3年)に東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業後、いったん会社員になったが、1年10ヶ月で退社して弁護士となる[1]1941年(昭和16年)、ゾルゲ事件尾崎秀実の官選弁護人[1]。戦後は極東国際軍事裁判(東京裁判)で松岡洋右の弁護人を務めた[2]。「検事、弁護士をした後に裁判官になるのが最も望ましい」と主張する法曹一元化論者であった[2]

1947年(昭和22年)10月に東京高等裁判所長官に就任[2]。1951年(昭和26年)10月に最高裁判所判事に就任[2]。在任中は政令325号事件、農地改革事件、三鷹事件、帝銀事件、チャタレー事件などに関与した[2]

1958年(昭和33年)6月 定年退官[3]。その後2年間、日本法律家協会会長を務めた[3]

健康に恵まれ、90歳を過ぎても、東京・世田谷の自宅から電車を乗り継いで霞ヶ関まで来ていた[3]

1982年(昭和57年)6月3日に東京都港区の東京慈恵会医科大学附属病院で肺炎のため94歳で死去[3]

著書編集

  • 『私の会った明治の名法曹物語』日本評論社、1973年。

脚注編集

  1. ^ a b 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)58頁
  2. ^ a b c d e 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)59頁
  3. ^ a b c d 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)60頁