小林平治(こばやしへいじ)は、日本のカーデザイナー東洋工業(現マツダ)、GKインダストリアルデザイン研究所でデザイナーを歴任。

概要編集

東洋工業(現マツダ)で初代コスモスポーツ、初代キャロルR360クーペのデザインを担当した。
マツダを辞めた後、ヤマハと関係の深いGKデザインに入社。GKではトヨタ2000GTの後期型のデザインを担当した。[1]
第11回東京モーターショー・ベストスタイリング賞受賞、第7回機械工業デザイン通産大臣賞受賞、通産省グッドデザイン選定商品多数等など。

エピソード編集

雨が降ると会社へは行かなかった。理由は「傘がないから」。[2]

脚注編集

  1. ^ carview.co.jp/smart/マツダコスモスポーツとトヨタ2000GTは遠い血縁関係にあったのです。2016年12月20日
  2. ^ 小林平治の夢とロマン