meg (ジャズシンガー)

小林恵から転送)

meg(メグ、1977年4月24日 - )は、日本の女性ジャズシンガー。元は小林 恵(こばやし めぐみ)の名でモデル女優として活動していた。身長164cm、血液型はA型。小林恵の時代にはA-team(1996年の同社設立以前は、母体にあたるカワサキエージェンシー)に所属していた。

meg
別名 小林恵
生誕 (1977-04-04) 1977年4月4日(43歳)
出身地 秋田県大館市
ジャンル ジャズJ-POP[注 1]
職業
公式サイト meg OFFICIAL WEBSITE - ウェイバックマシン(2018年9月30日アーカイブ分)

秋田県大館市で生まれ、小学生くらいから[1]神奈川県横浜市で育つ[2][3]日出女子学園高等学校卒業。

来歴編集

小林恵時代編集

中学生時代、雑誌『プチセブン』の専属モデル(1990年 - 1992年)として表紙に毎号登場し、同誌の看板モデルとして人気を得る。CMにも多数出演。高校入学後は女優としてデビューし、平成版『モスラ』シリーズでの主演や、多数の人気ドラマへの出演など、10代の頃はアイドル女優として活躍し、CDデビューも果たしている。

1990年代後半にはモスラ三部作の主演者として「東宝の正月映画」(東宝のメイン邦画番線で1月1日時点に上映されている作品)出演者のトップクレジットに3年連続で表記された。女優としては山口百恵(東宝配給、ホリプロ製作、日活撮影所使用)以来、東宝自社制作(東宝グループの出資で東宝撮影所使用)作品では史上初めてとなる。

平成版『モスラ』では製作発表時、ロラ役での出演と発表されたが、モル役の宝生舞が病気のために降板したため、実際の作品ではモル役での起用となった[要出典]

meg時代編集

友人からプレゼントされた[1]エラ・フィッツジェラルドの「Night And Day」を聴き、衝撃を受けジャズに興味を抱くようになる[3][4]丸山繁雄に師事し、歌唱力と表現力を身につける一方で、銀座や渋谷でライブ活動を始める[4]。2006年4月に「ヤクルトビューティエンス」(ヤクルト)のCMにオリジナル楽曲『Where I Want To Be』が起用され、同年11月にはアレンジャーに守屋純子三木俊雄のビッグバンドとのコラボレーションしたデビューアルバム『Grace』をユニバーサルクラシックス&ジャズからリリースする[4]

2007年11月にリリースしたマキシシングル『クリスマス ローズ (Christmas Rose)』は、作詞に湯川れい子、作曲に押尾コータロー、編曲に大島ミチルを迎え、幅広い世代の支持を得ており[4]、いくつかのTV番組の月刊エンディング曲としても採用された。岩手県花巻市立田瀬中学校は2008年3月で廃校となったが、2008年3月15日に開催された最後の卒業式では卒業生3人、在校生4人による『Christmas Rose』の斉唱が行われた[5]。式に先立つ2月にはmeg自身が生徒への合唱指導を行い、当日は式典にも出席している[5]

2010年には映画『行きずりの街』の主題歌に「再愛 〜Love you again〜」が起用され注目を集めた[2]

ジャズ業界は日本においては閉鎖的なマーケットであり、クラブミュージックへの転向、サンプリング手法を用いた「ジャズ風」な楽曲も多いが、megは真正面からジャズを歌う点が評価されている[6]。また、「実力を兼ね備えた美Jazzシンガー[3][7]、「現代の日本ジャズ・シーンを担うシンガーの一人」[1] と評価する向きもある。

趣味は「真夜中のドライブ」で、特技は縦列駐車とインタビューでは答えている[1]

出演(小林恵)編集

テレビドラマ編集

CM編集

バラエティ編集

映画編集

ディスコグラフィー(小林恵)編集

シングル

アルバム

写真集(小林恵)編集

ディスコグラフィー(meg)編集

シングル編集

発売日 タイトル 発売元
2007年11月28日 クリスマス ローズ NAYUTAWAVE RECORDS
2008年10月10日 Christmas Rose / Like a Christmas Rose ギャンビット
2011年11月30日 最愛 〜Love you again〜 エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
2011年11月30日 Love Witch ギャンビット
2014年6月25日 かせげ!ジャリンコヒーロー / サヨナラマタイツカ[注 2][注 3] NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2014年10月29日 サヨナラマタイツカ / Thank you Mama ギャンビット
2016年2月24日 U belong to me / Don't leave me[注 4] アルテメイト

アルバム編集

発売日 タイトル 発売元
2006年11月22日 Grace ユニバーサルミュージック クラシック
2008年9月3日 Serpent ギャンビット
2009年10月14日 LUCK&PLUCK ギャンビット
2012年3月21日 Little Waltz[注 5] フィフティ・ファイヴ・レコード
2014年11月26日 Produced by Masato Honda TMS JAZZ[注 6][注 7] アルテメイト
2015年2月25日 meglution[注 8] ギャンビット

DVD編集

発売日 タイトル 発売元
2008年10月1日 meg Live at Motion Blue yokohama ギャンビット

タイアップ編集

曲名 タイアップ
Where I Want To Be CM「ヤクルトビューティエンス」
Christmas Rose テレビ神奈川1230アッと!!ハマランチョ』2007年12月エンディングテーマ
CM「秋田テレビフラワーネット」「めんこいテレビフラワーネット」
TBS噂の!東京マガジン』2008年10月、11月エンディングテーマ
Bright Star CM「みずほ証券[3]
再愛 〜Love you again〜 映画「行きずりの街」主題歌
Love Witch CM「エスプリライン スピードラーニング」[8]
Moon River 映画「RIVER」主題歌[8]
サヨナラマタイツカ テレビ東京BS JAPAN系アニメ『ヒーローバンク』エンディングテーマ
ニッポン放送新発見!アニめぐ』エンディングテーマ
ニンテンドー3DSヒーローバンク2」挿入歌
Believe in love (meg with SWEEP) 映画『さよなら歌舞伎町』主題歌
Let's get ridiculous 映画『呪怨 -ザ・ファイナル-』挿入歌
Autumnal rain ドラマ『JKは雪女』エンディングテーマ
U belong to me feat.オーサカ=モノレール 日本テレビ系アニメ『ルパン三世』海外版オープングテーマ

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b c 小林恵時代
  2. ^ 「かせげ!ジャリンコヒーロー」は角田信朗が歌唱。megは「サヨナラマタイツカ」のみ
  3. ^ ジャケット画はTVアニメ『ヒーローバンク
  4. ^ ジャケット画はモンキー・パンチによる『ルパン三世
  5. ^ ロン・カータープロデュース[1]
  6. ^ トムス・エンタテインメント製作アニメのアニメソングのカバーアルバム
  7. ^ featuring TOKYO BRASS STYLE、編曲:本田雅人
  8. ^ Sweepプロデュース

出典編集

  1. ^ a b c d e Yasuo Fukuda. “サマージャズ初出演!"美"と"パワー"のみなもとは? meg”. 日本ポピュラー音楽協会. 2016年8月1日閲覧。
  2. ^ a b meg(Jazz / Singer)”. CDジャーナル. 2016年8月1日閲覧。
  3. ^ a b c d すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル 出演プレイヤー(2010年)”. 2016年8月1日閲覧。
  4. ^ a b c d 竹部吉晃 (2008年9月19日). “「ジャズと一緒にいると楽しくなれる」を念頭に選曲しました”. MUSICSHELF(金羊社). 2016年8月1日閲覧。
  5. ^ a b 但木汎 (2008年3月19日). “小さな中学校の卒業式”. 2016年8月1日閲覧。、他スポーツニッポン2008年2月21日、産経ニュース『【特報 追う】「閉校」7中学生、春夢み歌う ジャズ歌手と紡ぐ思い出』2008年2月29日で確認。
  6. ^ meg 2ndアルバムを引っさげた全国ツアーの幕開け”. MUSICSHELF(金羊社) (2008年8月28日). 2016年8月1日閲覧。
  7. ^ 中塚武が、“美Jazzシンガー”megをプロデュース”. OKMusic (2009年10月14日). 2016年8月1日閲覧。
  8. ^ a b meg 「Love Witch」”. Billboard JAPAN. 2016年8月1日閲覧。

外部リンク編集